トップページに戻る

腸内をきれいにし、自然治癒力を高める 乳酸菌生成エキス
B&Sコーポレーションさん
 おしゃべりクッキング講師のお一人、高畑康子先生がいつも携帯なさって、食中毒や風邪の引きかけなど緊急時に使ってよかったとおっしゃっていた乳酸菌生成エキスの話です。そのサンプルを頂戴した会員からの反響もあり、調査したところ、大変有用なものであることが分かりました。
 発売元はB&Sコーポレーション(製造、物心科学)です。開発者は、細菌学者(故)正垣一義氏です。正垣氏は1940年頃、ヨーグルトを食べても保健効果が低いのは、腸内乳酸菌が増えないことに理由があることに気付きました。その理由とは、
@乳酸菌は胃酸で殺される、
A空気のあるところで育ったヨーグルトの乳酸菌 は空気のない腸内では生きられない、
B腸内の乳酸菌にも相性の合うものしか棲むこと ができない、
というものです。正垣氏は腸内の乳酸菌を増やすには、赤ちゃんのときから棲んでいる自分の乳酸菌を増やすしかないと気付かれたのです。そしてその後、生きた乳酸菌そのものではなく、乳酸菌の代謝産物と菌体成分に、腸内の乳酸菌を増やす効果があることを発見なさいました。さらに1970年に豆乳を原料に、16種類の乳酸菌の共棲培養物からその有効物質「乳酸菌生成エキス」の抽出に成功なさいました
 1984年には「乳酸菌生成エキス」の発売が始まり、続いて学術的、酵素学的研究が開始され、現在ではすでに50人以上の各ジャンルの医者が実際に臨床での使用を始めています。徐々にその効能が研究されてきています。

正垣一義氏
3代目B&Sコーポレーション福井正勝社長(右から2人目) 物心科学福井正和社長(右から3人目)
 この乳酸菌生成エキスの主な効果は、
@乳酸菌の代謝産物が善玉菌を助けて腸内環境を 健康にする
A乳酸菌の菌体成分が腸そのものの機能を整える 
ことによるものと考えられています。しかし、詳しい作用メカニズムなどの解明はこれからです。
 正垣一義さんのお父さん、正垣角太郎医師は、実は日本で初めて1914年にヨーロッパスタイルのヨーグルトをその健康効果に注目され製造、販売を始められた方です。その初代角太郎医師は、複数種類の乳酸菌の共棲培養法を開発なさいました。共棲培養とは、単一の種類で培養するより、菌どうしが勢力争いをすることにより乳酸菌の能力を鍛え合うというものです。
 戦前、日本軍部はこの医療効果に注目し、衛生状態の悪い外地での兵士の健康維持用医薬品として、その開発をバックアップしたという経過もあります。しかし、その開発は戦後2代目一義氏によって達成されたのです。
 その成功のきっかけのひとつは、原料に牛乳ではなく、豆乳を用いるものでした。牛乳よりも繁殖に不向きな豆乳の方が乳酸菌の能力が強化されたのです。戦時中の牛乳不足という時代背景が、豆乳を原料に使うこの方法を見つけるきっかけになったのです。


乳酸菌生成エキスによる効果・改善例
◇ 乳酸菌生成エキスによる腸相改善例 ◇
 米国アルバート・アインシュタイン医科大学教授
 新谷弘実医博の臨床データーより

 新谷医博は、米国ベス・イスラエル病院、胃腸内視鏡センター所長として、世界で初めて内視鏡によるポリープ切除術と安全な内視鏡挿入法を考案し、開発した医師です。
 腸は栄養吸収するところであるだけではなく、外敵(細菌やウィルス)を排除する最大の免疫器官でもあるのです。腸内には善玉菌と悪玉菌、そして善玉にも悪玉にも変化する中間菌という腸内細菌が棲んでいます。その数は200〜300種類、120兆個もいます。
 この腸の粘膜ひだがピンク色で、ポリープや宿便のないきれいな腸の持ち主は、見た目も若々しく、健康状態も良好です。反対に腸が固く、狭く、また便の停滞のある人は老けて見え、何らかの生活習慣病があったり、その予備軍である場合が多いのです。新谷医師は乳酸菌生成エキスの飲用と、食生活の改善を指導なさっています。
 新谷医博は胃潰瘍に対する臨床効果も確かめておられます。予備試験で、ピロリ菌の存在の確認された25人を対象に乳酸菌生成エキスを投与し、68%の人に除菌効果があったと報告しています。


◇ 腸内環境改善効果 ◇
 東京農業大学畜産学科畜産物利用学研究室

 乳酸菌生成エキスが大腸がん誘発関連酵素の活性に及ぼす影響を検討するために、高蛋白・高脂肪の飼料を給餌しているマウスに、乳酸菌生成エキスを経口投与し、糞便中に見出される発がん物質を生産する悪玉酵素(ニトロリダクターゼ、アゾリダクターゼ)を測定した。その結果、対照群と比較して、悪玉酵素の活性を低減する効果があることが認められた。


◇ 大腸がん予防効果 ◇
 灘修身理学博士(レオロジー機能食品研究所)
 藤野武彦教授(九州大学医学部)
 「オンコロジーレポート」(ギリシャの腫瘍学の専門雑誌)より

 マウスに発がん物質ジメチルヒドラジン(DMH)を投与し、大腸がんを発生させる実験で、水を与えた対照群に比べて、乳酸菌生成エキスを与えた群では平均60%の抑制効果がみられた。
 科学的な臨床研究はこれからですが、すでに様々な改善体験が寄せられています。
 潰瘍性大腸炎など消化器疾患、知覚過敏、歯槽膿漏、
失った嗅覚、子宮筋腫、卵巣腫瘍、不妊、細菌性膣炎、
 膠原病、心筋梗塞、花粉症、 アレルギー性疾患、
 風邪、肌など



改善例の腸の内視鏡写真 肺ガン・男性
同上患者 飲用2ヵ月後
B&Sコーポレーション(物心科学)の乳酸菌生成エキス
 この乳酸菌生成エキスは様々な薬効が認められていますが、あくまで食べものとしてお使い下さい。副作用などの心配がなく、無害です。赤ちゃん、子ども、妊婦、お年寄りにも安心です。悪臭便の改善が指標となります。緊急用として携帯しておくのもよいのですが、日常的に利用するのが健康に役立ちます。
乳酸菌生成エキス「智通」 10ml
お試し用「智通」
 
 大豆畑
 
 製造風景
 
■■■原料■■■
・豆乳
  物心科学の農業法人物心農産の自家農園で、無農薬
 栽培しています。乳酸菌生成エキスの製造工程から出る
 菌体が、よい堆肥になっています。培養は無農薬大豆で ないと、うまくいかないそうです。
・乳酸菌(16種類)

■■製造工程■■
@無農薬大豆をグラインダーで砕く。
A平釜で煮る。
B豆乳を搾る。
C豆乳を煮沸殺菌する。
D10Lずつ分注し、冷却する。
E16種の乳酸菌を植菌し、共棲培養を行う。
 発酵後も約1年間熟成させる。
F発酵物を殺菌する。
G発酵代謝産物及び菌体成分を抽出する。
H抽出物を熟成させる。
I充填、包装する。


■■飲み方■■
 食べものですので、薬のように決まった用法、用量はありません。健康維持のために1日1〜3mlを5回に分けて水やお茶、ジュースなどに入れて飲むのがお勧めです。
・1日1回なら朝1回が効果的
・1日に1mlの場合
   …1回につき5滴、5回で25滴(1ml)
・1日に2mlの場合
   …1回につき10滴、5回で50滴(2ml)
・1日に3mlの場合
   …1回につき15滴、5回で75滴(3ml)

トップページに戻る